FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[情熱] 激安!! CO2レーザ その1 [大陸]

20141021 (1)

わが社の新たな設備として導入した(ポチった)激安CO2レーザが本日届きました。
出力40W、有名メーカーだと100万越えです。
あくまで公表出力が同じなだけであって、正直比べてはいけない代物です。

最終的な目的としては、金属以外のマーキングや樹脂パーツ作成などに使いたいなぁ
と考えているのと同時に、社員教育にも使おうかと目論んでおります。
なぜかと言うと

1.腐ってもレーザ機器
2.XYプロッター
3.回路がシンプル
4.新品なのにすでに壊れてる

御存知かとは思いますが、わが社はレーザ製品、Solidscapeの取り扱いをしています。
この激安CO2は双方の技術と共通する部分が多くあり、まさに教材として打って付けなマシンだと
自負している訳であります。

後でちょろっと紹介しますが、そのままでは全く使えない状態というのもオツなマシンだ。
なにせ本体398ドル、送料込み700ドル未満なので文句も言えない。
ちなみに田邊では箱すら作れない金額だ。

本日付でニューカマーが正式に配属されたので、そいつと楽しんでいきたいと思う。
もちろん就業時間外の作業なのは言うまでもない。



20141021 (2)
箱だし状態。
画像で見るとすごく良く見えるが、実物もパッと見は同じ印象。
しかーし、どんな人でもすぐに荒は探し当てられる。

20141021 (3)
付属品一式。
投げ込みポンプ、排気ファン&ダクト、電源&USBケーブル、CD&USB、SUS板、Chinese取説
意外と充実した内容となっている。

20141021 (4)
早速、中を拝見してみると案の定…
部品がプラプラぶら下がっている。

20141021 (5)
集光レンズだな。
この時点で光軸は再調整決定ですな。
ネジはしっかり転がっていたので、出荷時は付いていたという事にして良しとしよう。

さらにチェックを入れたところYベルトがやたらユルユルだったので、日頃Solidで鍛えた調整スキルを生かし
適当に張りを調整しようと試みるも、調整ポイントにアクセス不可能。
しょうがないので少し分解。

20141021 (6)
発信管部分を外さねばならず、少々緊張したがなんとか調整できました。
張り具合はスムーズに動くレベルで張り過ぎずってところです。
強めにするとプーリーが変芯しているせいか、動きがヨレるのでヤバい感じです。

そして、ここまでバラして初めて発見できたポインター。
20141021 (7)
どこに付いていたのかは不明。
ネジが転がっていないところを考えると、付属品で添付されていたっという事か。
レーザスポットの目印とするポインターなのか、光軸調整で使うのか用途不明。
ボタン電池で単独点灯できる仕様になっている。まぁいいや。

初日はこんな感じで終了。
暇を見て取りあえず発信するところまでは早めに持っていく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

田邊研電の中の人

Author:田邊研電の中の人
今一番欲しい物はコピーロボット。ネタバレは自粛します。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。